名古屋市で自然素材と国産材の木の家をつくる工務店

加納のメガネがキラリン!「あの~撮っちゃいますケド!?」

木を削って作るものとは・・・

最高気温が25℃を超える日が続いて、服装が定まらず出勤中に汗ばんでいたりする加納です。
事務所でデスクワークをしている身としては、日中が少し肌寒いなんてこともあって、シャツ1枚では心許なく、着込むことで後悔することがほとんど。
もう半袖着てるよ!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

さて、月に1度中津川にて自然の木や木の実などを使ったものづくり教室へ通っておりますが、今は小刀でこんな大物を作っております。180404.jpg
木べらを作りたいと思いつつも、どんな形がいいのか?手持ちのへらってどんなの持ってたっけ?などといろいろ考えつつ、バターべら型の木べらを作っております。先生に成形してもらいつつもこの小刀で形をどんどん決めていくっていう作業をしています。持ち手の部分の丸みとかへらの形などいろいろとこだわるところがいっぱいで、完成までどうなるかわかりません!

今月は13日に行くことになっているので、完成形を早く定めたいと思います。
また次回のブログでご報告できたらと思っているので、楽しみにしていてくださいね!

| 18年04月04日