建築コストについて

❝1棟〇〇〇〇万円で建築出来ます❞や❝坪単価〇〇万円で家が建ちます❞という広告・チラシをよく見かけます。「実際のところどうなんでしょう」と、お客様から建築コストについて質問を受けることがよくあります。

実は建築コストについては統一基準がなく各社バラバラの基準で広報活動しているのが現状です。屋外給排水設備工事や設計申請費・経費などが別計上であったりしますので、そのままの数字を鵜呑みにすることは危険です。各社なりに最初は少しでもお値打ちな価格でお客様を引き寄せたいという気持ちもよく理解できます。まったく同じデザイン同じ仕様な家はほとんどありません。

敷地面積・敷地状況・用途地区等が変われば当然仕様も変わってきます。弊社では建築コストに関して一番大切な情報は省略コストではなく総費用コストであると考えています。そして肝心なのはお客様の予算計画に何処まで寄り添えるかということです。

もちろん出来ることと出来ないこともあります。そんな中でお客様とは受注金額のかけひきをするのではなく、お客様に信用を頂いて予算内でどこまで出来るかを企画・プレゼンをさせて頂いております。設計プランはお客様との信頼関係の上で成り立つもの。これが弊社の建築コストの基本的な考えです。その結果が坪単価となりお客様によって異なってまいります。

もちろん最初に大まかに弊社では建築コストはこの程度の金額が掛かりますとお伝えします。
最後は見かけの建築コストではなく総費用で検討されることをお勧め致します。

建築コストについて、わかりやすく会話形式でまとめています。ぜひご一読ください。

はかせとわとすんの「家づくりよろず研究所」

ここは家づくりについて日々いろいろな研究をしている家づくりよろず研究所。
通称「よろ研」と呼ばれるこの研究所では全国から家づくりの相談が寄せられている。
そんな相談に答え、いい家を造ることができるよう活動しているのが研究所の所長「はかせ」と助手の「わとすん」である。

watosun80.jpg

「はかせ、このチラシ見てください!坪25万円で家が建つと書いてありますよ。」

 

hakase80.jpg

「ああ、この会社はわしもよく知ってる。展示場にも行ったことあるし。」

 

watosun80.jpg

「で、どうでしたか?」

 

hakase80.jpg

「坪25万円ではたたんよ。」

 

watosun80.jpg

「え、じゃあ、チラシに書いてあるのはうそなんですか?」

 

hakase80.jpg

「うそではないが、真実でもない。つまり、この金額は建物の本体価格というものであって、外部給排水工事や電気の引き込み、申請費などが別途必要だということなんだ。」

 

watosun80.jpg

「なあんだ、それじゃあ結局もっと高いんですね。詐欺みたいじゃないですか。」

 

hakase80.jpg

「詐欺かどうかはともかく、別途必要な経費、工事費を含めたとしてもかなり安い家であることに違いはないぞい。いろんな人に話を聞くと最終的には坪40万円くらいにはなるらしい。40坪だと1600万円だからね、かなりお得感がある。」

 

watosun80.jpg

「へえ〜、どうしてそんなに安くできるんですか?」

 

hakase80.jpg

「トイレやユニットバス、システムキッチンといった設備については年間に何千棟も販売するというスケールメリットを生かしてかなり安く購入できる点が一つ。また、仕様についても同じようなことが言える。企業努力で安くしているのだからお客様にとってはうれしい話だな。」

 

watosun80.jpg

「じゃあ、ここで建てるのが一番いいんですね。」

 

hakase80.jpg

「まあ、一度実物をみて、気に入るのであればそういう選択肢も有りだとは思うが、私はおすすめしないね。」

 

watosun80.jpg

「どうしてですか?」

 

hakase80.jpg

「家の主体が「価格」であって、出来上がった家に何も感じないし、総合的にこの家はいい!とまでは思えないんだ。まあ、これは好みもあるからな。安くてまあまあの仕様であればそれだけでメリットはあるからね。でも、私はいやだ、というだけだね。」

 

watosun80.jpg

「好みか・・・まあ、ボクもあまり好きな感じではないですけどね。」

 

hakase80.jpg

「ちょっと、脱線してしまったな。坪単価だがな、もう一つマジックがあって、施工面積で計算されているんだ。」

 

watosun80.jpg

「どういうことですか?」

 

hakase80.jpg

「延べ床面積というのはわかるだろう?それにバルコニーやロフト面積、ポーチ部分などの面積を含めたものでまあ、会社によって多少の違いはあるがそういう意味合いのもののことなんだ。施工手間も仕様も大きく違うのに同じ面積としてひとくくりにしてしまうのはちょっとおかしな感じがするだろう?」

 

watosun80.jpg

「ええ、でもどうしてそういうやり方をしているんですか?」

 

hakase80.jpg

「その方が工事費が多く計算できるから。まあ、元が25万円という破格の金額だからね。しょうがないとは思うけど、そういう計算方法は何だか釈然としないのだがな。」

 

watosun80.jpg

「でも、理由はどうあれ安くできるのであればいいじゃないですか。」

 

hakase80.jpg

「適正に価格を決めてあるなら良いが、最終的にかなり厳しい予算で各業者に発注するわけだ。地域性もあるし、昨今の建材費の高騰もある。そんな中で本当に質の高い工事を求めることができるのか?手抜きをしているとまでは言わないが・・・。」

 

watosun80.jpg

「つまり施工品質が大丈夫かどうかが心配であると言うことなんですね。」

 

hakase80.jpg

「ああ。中にはちゃんとしたものもあると思うが、施工品質はおそらく地域や施工会社によってばらつきがあると思う。」

 

watosun80.jpg

「なるほど。」

 

hakase80.jpg

「まあ、いろんなものをオプションとか別途工事費に計上してしまうことで見かけの坪単価を安く見せることは可能ということ。やりようによっては坪60万円の家を見かけ上50万円にすることもできるからね。私はそういうスタンスがきらいというわけ。ちょっと誠実でないだろう?」

 

watosun80.jpg

「誠実かどうかをはかせが語るのはちょっと説得力がありませんが、みかけの金額だけで判断できないと言うことなんですね。」

 

hakase80.jpg

「価格にはいろんなからくり、秘密がある。大切なのは計画している工事予算のなかでどういう家づくりができるかを検討することなんだがな。それにしても、いつも一言多いな。わとすん、そんなことだから振られるんだぞ。」

 

watosun80.jpg

「うっ。心の傷を・・・。せっかく忘れかけていたのに・・・。」

 

hakase80.jpg

「自業自得だ。少しはケンキョになりなさい。」

 

watosun80.jpg

「ふん。いいですよ、もう。じゃあ、帰ります。」

 

hakase80.jpg

「なんだ、妙に早いな。」

 

watosun80.jpg

「これからデートなんです。」

 

hakase80.jpg

「なに!?振られたばかりだろう?」

 

watosun80.jpg

「常に前向きに活動しているんですよ、ボクは。失礼しマース!」

 

hakase80.jpg

「・・・・・。」

 

いつのまにか振られていたわとすんですがもう新しい恋に動いていたのですね。
さすがのはかせも二の句がつげないようです。

さて、みなさんも家づくりにかかる費用については十分に注意してくださいね!