記念すべき10回目の「我が家の大黒柱と出会う旅!」の報告です。

9月7日開催の「我が家の大黒柱と出会う旅!」の報告をします。

daikoku0907-1.jpg
参加者は弊社から西條と田中、お客様が
1組です。
全国から6社5組のお客様が参加しました。
リストには18本の大黒柱がありました。
十分に選んで頂けました。いざ、山へ。


中津川のインターチェンジに集合した後、
乗り合いで車の台数を減らして6台で再出発。
途中の難所も経て、約1時間で今回の会場に到着。
daikoku0907-2.jpg
ここのところ、道路がアスファルトで整備された
会場が続いていただけに、今回は久しぶりに深いところでした。

daikoku0907-3.jpg
そこでくじ引きをして、大黒柱の選択します。
7.5寸角(¥70,000※)~尺1寸角(¥150,000※)の18本。
 ※運搬費、加工費、消費税は別途です。
木が決まるとエリアごとにグループ分けし、
ここからはガイドさんに先導され徒歩で
進みます。
ガイドさんから「100mです」と説明を受けるも
斜面の100mは堪えます。
声は聞こえるものの別グループの姿は確認
できません。

daikoku0907-5.jpg
参加者の目の前に、目的の大木が現れると表情が
一気に変わります。斜面のキツさから解放されます。
違う木も見たいと、新たな木を目指す人もいます。
木を選ぶと、祈祷をし、斧入れの音が山に響きます。

そして、弊社のお客様は、、、。
くじを引きませんでした。
「聞いているより、見た方が良く分かる。」と
4ヶ月のお子さんを連れての参加でした。
写真は今回の一番の大木。(尺1寸角)
樹齢120年の胸高直径58センチの東濃桧です。
相場で言えば、加工品で50~70万するそうです。
十分に楽しんでいただきました。
「生えている木を選んで、それが家の中に立つなんて。」と
大黒柱を選ぶ旅に参加された他の参加者同様に
ツアーの感動を分かち合っていました。
「次はこんな準備してきます。」と
次回、開催の日を頭に思い浮かべていました。