住宅リフォームフェア2009の報告です。

5月16日(土)、17日(日)と吹上ホールにて「住宅リフォームフェア2009」が開催されました。

fair5.jpg
設計の西條です。
現場監督の猪飼と共に参加しました。

弊社は、今年で3回目の参加となりました。
fair1.jpg
上の写真は初参加の2007年のもの。
弊社のこのイベントに目指すのは、
「お客様が前面に出たリフォーム」
「出るからには継続して参加する」
「いかに経費を掛けずに参加できるか」 です。

初年度こそ制作費が少々かかってしまいましたが、
ご覧の通り、3年経って変わり映えはありません。
(手を抜いている訳ではなく、経費を抑えているという意味。)

開催前日の午後より各社ブースの設営を開始します。
職人を投入して造り込むブース、
設備・家具を設置しイメージを高めるブース、
そんな中で遅く現れて、荷物を下ろし、ブースを完成させ、
1時間少々でいち早く立ち去ります。
もちろん社員のみでできる簡易なものです。

でも全く変化していない訳ではありません。
よく見ると、、、
パネルが2枚差し替えられています。
1枚は昨年、同フェアの出会いがきっかけで大規模なリフォームを
させていただいたものです。
先月、全工事が完了し、このパネル化への参加も
「私たちにできる事があれば」と、快諾してくださいました。

そんなお客様の思いも乗せて、弊社のブースはできています。

3年間のことしか分かりませんが
天候のせいもあって、今年の入場者数は最も少なかったです。
8154人でした。(2007年は13128人)

弊社はと言いますと、
足を止めてお話させていただけた方は10組ほどでした。
決して多くはありません。
話しやすい環境づくりにまだまだ改善が必要です。
ただ、足を止めてくださった方、2度ブースを訪れてくれた方、
弊社をご存知だった方、とても感謝しております。

この弊社ブースに立ち寄ってくださったお客様に
「お客様の抱える問題への共感とその最善解決策」
「リフォームに対しての弊社のこだわり」を通して
「お客様にとって価値ある提案」を実践していきたいと思っています。

そして、来年のパネルが生まれるような『喜び』をつくりたいと
願っております。

fair4.jpg
あれ?テーブルの配置が?
初日、ブースの正面と考えていた方向が“人の流れ”とかみ合わず
あわてて2日目の開場前に直しました。少し焦ってしまった西條でした。

この2日間で
「ブースの前を通ったけど」
「資料をもらったけど」
今からでも結構です。お気軽にご連絡ください。
心よりお待ちしております。