「2世帯で暮らす木が溢れる木造3階建の家(還る家)」の完成見学会の報告です。

3月21~22日と守山区にて見学会を開催しました。
「2世帯で暮らす木が溢れる木造3階建の家(還る家)」

参加スタッフは堀尾と設計担当の西條でした。
3組のお客様とオーナー様の知人13組の方々がご来場くださいました。
(最後の2枠をお施主様が予約してくださり、13組もの声掛けしてくださった方々に
圧倒されて写真を取り忘れてしまいました。)
20150322-1.jpg

一番多くお聞きした言葉は

木の香りがスゴイ!

いつもの“梁魅せ”こそできないものの ※1
十八番の「大黒柱」と東濃桧・徳島杉の床は
健在です。

キッチン以外の居室の天井は
全て長良杉だったことから
いつも以上に木に包まれていたぐらいです。

玄関を開けると木の香りが溢れ出ます。

だから“この声”が聞こえたのは玄関。
開けるなりに嗅覚を刺激されていました。

※1:準耐火構造のため
  ・・・詳しく知りたい方はご連絡ください

20150322-2.jpg
また別の声で

「本当に木造ですか?」

はい、本当です!

その場ではお見せできませんでしたが
上棟直後の写真です。

構造計算を行い、
東濃桧の管柱(3m)151本、
同じく通し柱(6m)10本 ※2
が支える強靱な構造です。

※2:大黒柱を含みます。

最後になりましたが、
多くの方に興味を持っていただいたシーンを掲載しまして
レポートを締めくくりたいと思います。

20150321-06.jpg

この場を借りて、改めてご来場頂きましたお客様と
このイベントにご協力してくださったお施主様にお礼を申し上げます。