大島さんの曾々おじいさんが明治39年に植えた桧を大黒柱にしてしまおう!のイベントレポートです。

3月14日のホワイトデーに
あすみ住宅研究会主催の
大島さんの曾々おじいさんが明治39年に植えた桧を大黒柱にしてしまおう!イベントが開催されました。
弊社から 西條 仲田 そして 堀尾が参加いたしました。

oosimasann.jpg

このイベントは4年以上継続して年3回開かれています。
今では弊社のお客様の多くが このイベントにて
我が家の大黒柱を選ばれています。

今回も 1組のお客様に参加いただきました。
全体では14組 総勢60名という今までにない大勢の方
参加され 大変盛り上がったイベントになりました。

ibenntosyuugou.jpg

このブログをいま読まれている方は
木が倒れる際に起こる 地響きを体験したことがありますでしょうか?
まさしく 今回 参加された方全てが この地響きを体験され
100年という時間の偉大さと自然の壮大さを実感されました。
画像で お伝えできないのが残念です。

弊社のお客様は 6寸角の大黒柱が取れる東濃檜を選ばれました。
大黒柱の太さに関わらず その柱に想いが込められます。
futaride.jpg

今回 お客様が桧を抱きしめたとき 感極まるシーンがございました。
改めて お客様の家を創るという 仕事の責任の大きさ 深さを感じ
気持ちが引き締まる思いを致しました。

そして 今回 西條と私が 柱を自らの視点で 数本選びました。
なにやら 弊社のスタッフが 次なる楽しい仕掛けを企んでいるようです。
子供のように楽しそうに無邪気に山を駆け抜けるスタッフを見て
こんなスタッフに囲まれて仕事が出来る環境に感謝をした ほりおでした。

takurami.jpg