「セミオーダー住宅」完成見学会の報告です。

10月17日(土)・18日(日)に、名古屋市北区にて
セミオーダー住宅の完成見学会を行いました。

今回は2日間で計9組のお客様にお越しいただきました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
担当スタッフは堀尾、西條、伊藤、中島がご案内いたしました。

当日の様子をお知らせいたします。
今回はセミオーダー住宅ということで、基本的な仕様説明から始まり、間取り、素材の特徴、お施主様のこだわりポイントなど、順番にご説明いたしました。

徳島杉の床に、中霧島の塗り壁、天井の和紙と長良杉。そしてお施主様に選んでいただいた大黒柱。自然素材の心地よさは、言葉では表せないものがあります。実際に体感していただくことで、魅力が伝わったのではないでしょうか。

ご案内をする中で、お客様から間取りの意味や収納スペースの使い方など、ご質問をいただきました。
ひとつひとつ、お施主様との打ち合わせの経緯と共にご説明いたしました。
お施主様のご要望やこだわりが、どのように形になったかを実際に見ていただける。具体的な暮らしのイメージをしやすいという事が、モデルハウスとは違った完成見学会ならではの良さだと思っております。

また、粗品として「伊藤手作りの桧の靴ベラ」を贈呈いたしました。
ひとつひとつ削り出した、持ち運びサイズの桧の靴ベラです。
お出かけの際に、香りも持ち運びお使いいただければと思います。

今回ご都合が合わなかったお客様も、是非今後のイベントでお会いできればと思っております。
見学会にご来場くださった皆様、ご協力くださったお施主様、ありがとうございました。