「ひのき列柱のあるモダンな家(還る家)」の完成見学会の報告です。

10月17日、瀬戸市にて見学会を開催しました。


白羽の矢がささった西條です。
(いやいや、届けて頂きました。
 分からない方は“ほりおの部屋”にて。)
参加者は私と仲田でした。

行楽日和な貴重なお休みに、7組の方々がご来場くださいました。
(5組の全予約確定後に日程調整いただいた方も含んでいます。)


原点に返り、見学会会場にて
こんなものを用意していました。
「還る家」の資材です。
幸いこの現場には4種の床材が張って
ありましたが
・1階         ホワイトオーク
・2階(寝室除く)  パイン
・寝室         吉野杉
・ウッドデッキ    桧
各部屋に行く前にこの材料を見て
いただいて特徴を知って頂きました。
素材の特徴であり、「還る家」での役割です。
                                  自然力です。
                                  その後、各部屋で知識と興味をを持って
                                  見て頂くことができました。


見て分かるのが
上記で並べられたサンプルや
会場の仕上材になっている
実際に構造材や無垢の床材、
中霧島壁ですが
忘れてはいけないのは
羊毛断熱材です。
壁の中は見ていただけないので
このようなカットサンプルを
設置して、直に触ってもらったりしました。


洋風よりではありましたが
「還る家」の仕様を確認いただくのに
非常に理解のしやすい現場でした。
お客様の趣味・生活が反映された家であり、
弊社のこだわりが反映された家でありました。

kaeru1018-9.jpg
おまけ。

最後の来場者様。
見学会を終える頃。
娘さんと外で待っていた
御主人の元に奥様合流。
17:16の日没を
ウッドデッキで迎えました。
春には桜(写真左の樹)が
堪能できます。

この場を借りて、改めてご来場頂きました皆様と
このイベントにご協力してくださったお施主様にお礼を申し上げます。