構造見学会のイベントレポート!

12月9日に開催した構造見学会のイベントレポートです。

今回は4組のお客様にご覧頂きました。
みなさん、木の家づくりが好き、という方ばかりで
耐久性や耐震性の話しや断熱性の話しを熱心に聞いて下さりました。

構造見学2412A

お話しのポイント一つが「高温多湿な日本の気候だからこそ湿気対策をどうするか?」でした。

耐久性とも絡んできますし、実際の施工状態を見ながらお話しすることでご理解いただけたのではないかと思います。


構造見学2412B
さて構造見学会は完成した物件と違ってきれいな状態ではないですし、骨組みをみてもよくわからない、というご意見もあって通常は申込まれるお客様が少ないイベントです。

施工する会社にとってもお客さんがあまり集まらなければ営業的にも効果が少ない、ということで積極的に開催はしないイベントと言えます。


ただ、私達としては構造見学はとても大切なことだと思います。
完成すると見えなくなってしまうところに耐久性や耐震性、快適性といった
「安心して気持ち良く暮らすためのポイント」が隠されているからです。

そういう意味で、今後も構造見学会はできるだけ開催していきたいと考えています。

ところでこの時期は皆さんお忙しい方が多いです。
実際「見てみたいけどどうしても行けない・・・」という方もいらっしゃいました。

そんな方のために、今回の見学会で説明用に作成した
「見えなくなるけど大切な部分についての資料」をお送りします。

説明用の資料ですから簡単な資料です(A4サイズで4枚)が、
それだけにちょっとマニアックな面もあって
丈夫な家、長持ちする家をつくるためには是非知っておいて欲しい部分でもあります。

ご希望の方は下記のフォームにご記入の上お申し込み下さい。

なお工事中の現場も随時ご覧頂くことは可能です。
壁が出来る前であれば、いろいろと分かることがあると思いますので
もしも見てみたい!とお考えでしたらお気軽にお尋ね下さいね。