東濃桧を使って家族のオリジナルカレンダーを作りました(田中編)

真・国産材プロジェクトリーダーの田中です。

今週は「真・国産材の家 東濃杉の大黒梁選び」については少しお休みさせて頂き、
先日の日曜日に行った「東濃桧を使って家族のオリジナルカレンダーを作ろう」
のイベントについてお話させて頂きます。

このイベントは工事部が主催となって行ったイベントで、
お客様に物づくりの楽しさ、そして営業外スタッフとの交流を通して、
仲建設をよく知って頂こうと企画したイベントです。

今回は工事部として初めて企画したイベントなので、
感動与創室の加納さんにも協力して頂き、
工事部の方で東濃桧の材料を使ったカレンダーのフレームづくり、
加納さんの方で家族の写真を使ったカレンダーづくりを担当して、
参加者のお客様に作成して頂きました。
(写真を使ったカレンダーづくりについては加納編をご期待ください)

カレンダーのフレームづくりは、
木工の物づくりとしては初級編。

材料、工具関係はこんな感じです。

1304i6.jpg

まずは材料のカットから。

今回はスライド丸ノコという電動工具を使って作業して頂きました。

1304i1.jpg

使いやすい道具ですが、
使い方を間違えると危ないので、
皆さん目が真剣でした。

続いてダボの取付。

初級の木工作業ではよく登場するもので、
材料と材料を接合する場合に使用します。
(中学や高校の技術の授業で見たことあるはずですよ)

カットした材料に穴をあけて、
その中にダボを入れ込みます。

1304i2.jpg

少しダボが斜めになってしまいましたが、
まあまあ上出来です。

最後に組立。

取付たダボを接合する材の穴に合わせて、
ハンマーで叩いて押し込みます。

1304i3.jpg

ハンマーで叩いた時に接着剤が飛び出して私の顔にかかったり、
組み立てたフレームを少し矯正しようとして材料が少し欠けてしまったりと、
いろいろハプニング続出でしたが何とか組立完成。

皆さんの爆笑が取れたので大阪人の私としてはとりあえず満足です。

1304i4.jpg1304i5.jpg

勢いよく作業していく人、ゆっくり・じっくり作業する人、様々で、
物づくりは人の性格がよく現れるなあと改めて感じました。

このカレンダーのフレームも含め、
自分で作ったものには愛着が出て、
長く大切に使ってくださると思います。

家づくりも同じです。

仲建設では愛着をもっていただけるよう、
いろんな家づくりのイベントを企画し、
お客様が自分が造った家だとと思って頂けるよう心掛けています。

ハウスメーカーのようにカタログの中から選ぶような家づくりで、
自分が造った家だと思い、愛着がもてるでしょうか?

よく200年住宅だの、長期優良住宅だの言われますが、
本当に長く住まれる家は、
性能でも何でもなく、
住む人にとってどれだけ愛着があるかどうかだと思います。

この物づくりイベントで、
お客様が物づくりによって愛着をもって頂ける事を願います。