「ナチュラルとライティングを愉しむ家(還る家)」の完成見学会の報告です。

1月17日、18日と瀬戸市にて見学会を開催しました。


設計の西條です。
参加者はこの家の現場管理を担当した猪飼です。

今回は、10組の方にご参加いただきました。
seto-t-20.JPG

さて来ていただいた方の反応は。来れなかった方もどうぞ。

まずは「ナチュラル」
木部の露出を抑えることで白い珪藻土の中で一層引き立つ床や建具。
特に床の雰囲気、幅広の迫力、木目、肌触りは注目でした。
seto-t-21.JPG
そして「ライティング」
主要室は主張・強調しない、空間に溶け込む照明。
廊下等は生活に必要な最低限の光にすることで光を強調しました。
「明るければいい」とは違う光の使い方を感じていただきました。

さらに、好評だったのは「動線」「収納量」「仕掛け」。
「動線」
第一は家事動線。キッチンから洗濯して、干して、取り込み、収納。
簡潔な動線計画に感動。来場者の感動する姿に私も改めて感動。
和室の用途にあわせた2方向への出入り口。
皆さん口を揃えて“床の間だと思いました。”(来た方でないと分からないですね。)
seto-t-22.JPG
「収納」
告知で案内したLDK26本の収納扉に始まり、あらゆるところに扉扉。
階段途中にある1m高の小屋裏収納を見つけて、歓声。
seto-t-23.JPG
「仕掛け」
来客様用コート掛け、エアコン隠し、ドライヤー置き場などなど。
楽しんでいただきました。うなっていただきました。

この場を借りて、改めてご来場頂きました皆様と
このイベントにご協力してくださったお施主様に
お礼を申し上げます。

気になる建物の全貌は2月に「今までの施工例」にて紹介致します。

次回見学会は
 1/24(土)25(日)の
  東浦「陽当たりが悪くても暖かくて明るい家(知熱の家)」完成見学会(予約受付中)
 1/31(土)2/1(日)の
  千種「狭小地に広々と住まう木の家(還る家)」完成見学会(申込受付中) です。