春日井市の地熱利用の“木の家”完成見学会のレポートです。

いやぁ~8月22日は涼しかったですねぇ~!!

え?

暑かった?

何言ってるんですか、涼しくて気持ちよかったですよ!

誰ですか?暑さでとうとう仲田の頭も壊れたのか・・・とため息をついているのは?

私が言っているのは地熱住宅の中のことです。
外が暑いなんて当たり前じゃないですか。

・・・とまあ、わざとらしい小芝居はこの辺で止めておかないとサイバー攻撃をされそうなので
ちゃんとレポートします。変なウィルスを送ったりしないで下しさいね(笑)。

8月22日の外気温はかなり高かったですね。
多少曇ったりもしましたが、地熱住宅の外気温センサーも38℃以上でしたし、
ピーク時に外に出るとホント、スチームで蒸されてる感じです。死にそうに暑い!
ヘルシオで調理されるとこんな気分なのかもしれませんね(笑)。

そんな気候でも地熱住宅の中はかなり快適でした(ここを強調しておかなくては)!

今回の地熱住宅はまだ地熱利用がされていません。
理由は地中熱には半年のタイムラグがあるため効果が出てくるのは
今年の冬以降からなのです。

細かい説明をするとレポートできないのでここでは省略(手抜きではないですからね~)!!

DSC07584.jpg
実際に地熱住宅のモニターに表示される温度はリビングが27~8℃で床下もほぼ同じような温度でしたからね。

地中熱利用がされていると床下の温度が24℃位にはなるはずです。

ちなみに、今回の見学会ではエ吹き抜け上部にあるエアコン一台を運転させておきました。16畳用の大きさのエアコンで、ほぼフルパワーで稼働させてました。


でも、それ一台で45坪くらいの家全体をだいたい同じような温度にすることが出来ましたから
やはり想定通り、高い性能をもっている家です。
通常暑くて住んでいられない2階でも28~29℃位でしたからね。
我ながらびっくりしてます(ホントに考えて設計してるのか、頼りない設計士と言われそうだ)。

単純に、今回の見学会では地熱住宅の高い断熱性能を体感する、
というレベルの見学会であり、地熱の効果は基本的にないのですが、
参加された方々はエアコン一台での室内環境にびっくりされているようでした。
(この辺りはいつも鼻が高い)

性能的な部分は気持ちの良い室内環境をつくる大きな要素を占めますが、
ほんとうの木の床板(今回は東濃桧)や、自然素材100%の火山灰を使った塗り壁(中霧島壁)
といった自然の素材がもたらす相乗効果で気持ちの良い空間を演出してくれます。

気持ちいい雰囲気はなかなか写真では伝わらないですが、
職人さんの手作り感ともうまくマッチしていて新築だけど落ち着く空間です。
気取っていない雰囲気、といえばいいんでしょうかね。

CIMG5935.jpg
今回は直前にお申し込みいただいた方もいましたが、合計7組の方々がご覧になりました。

多くの方が長い時間滞在され、雰囲気や心地よさを体感してくれました。

仲田もいつものようにしゃべりまくり~(笑)。かなり疲れましたが、個人的にもとても楽しい見学会でした!


毎回、見学会では見学された方々の家づくりの参考になれば嬉しいなぁ、
というスタンスで応対させてもらっています。

DSC07614.jpg
なので特別にアンケートも取りませんし、無理矢理アポを取って家づくりの営業をしよう!ということもしていません(年取ってそういう気力がないだけじゃないの?という噂がある。笑。)。

決して突き放していたり、エラソウにしているわけではなくて、家を見学してもらって、体感してもらって、少し話をして、「なんとなく、共感できるな・・・」って感じてくれたら嬉しいな、と言う気持ちなんですよね。


共感、というのは、今回の家の雰囲気と同じものをつくろう!とかそういうことではなくて、
一緒に家づくりをしたら気持ちの良い、楽しい家づくりが出来そうだ!
と感じるかどうかと言うことなんです。

そんな風に感じてくれれば、まずはお気軽にご相談いただけたらいいな、って思います。
おっと、宣伝になってしまった(笑)。

そんなわけで無事見学会もおわりました。ご協力いただいたS様には本当に感謝です。
ありがとうございました!!

また、暑い中お越し下さったお客様もお疲れ様でした!!