冬の地熱住宅体験見学会のレポートです!

2/20に開催した冬の地熱住宅体感バス見学会のレポートをお届けいたします。
今回は仲田と堀尾の二人でご案内させていただきました!

当日は冬だというのに、悲しいくらい暖かな気候(泣)。

「晴れ男の仲田の力はさすがですね~」
なんてバスの中で話していたのですが、
打合せ中のYさんに
「でも今までの打合せでは2回も雪でしたよね」
と突っ込まれました(汗)。

ちなみに仲田の晴れ男ぶりはイベント限定でございます(イイワケ)。

そんな会話をしながら春日井市の現場まで30分ほどで到着。
少しだけ外で説明をした後、早速中へとお邪魔します。

家の中は暖房も動かしていません。
そりゃ、暖かいですからね(号泣)・・・。

201102%E3%83%90%E3%82%B92.jpg
とはいえ曇っていたのでお日様の光をサンサンと浴びる状況ではありません。

普通の家でも、冬の天気の良い日は日の光を浴びるとかなり暖かいですが、曇っていると北側の部屋の方はやはり寒い状態になることが普通です。



さすがに、というか地熱住宅の場合は曇っていても北側の部屋が寒い、
という感じはなく、温度差を感じさせません。

参加者の皆さんからはその点について
「温度差を感じなくてびっくりした。」
「かなりいいですね」
といったご感想をいただき、多少なりともほっとしました(苦笑)。

2階の北側の子供室では、参加したお客様がもっていらした
赤外線(?)で温度を計測する機械で壁や床の表面温度を計測。
気になる温度は全て19℃でした(ちょっぴりどきどきしましたけど。笑)。

薄曇りで暖房なしの北側の部屋がそれくらいの温度ですから
まずまずの温度といいますか、かなりいい温度ですね。

201102%E3%83%90%E3%82%B91.jpg
いろいろとお話しをしながら最後は実際に暮らしているS様への質問。

「朝晩は多少寒いけど、結露はないですね」

「基本的にあまり家の中で温度差を感じることはないです」

「お風呂や洗面でもそれは感じないですね」

というようなお話しをしていただきました。


あ、気になる光熱費ですが、電気代の明細を見せてもらったところ、
1月、2月の一番寒い時期の電気代は約15,000円までかかっていませんでした。

ちなみに延べ床が約45坪位で、オール電化仕様の家です。

参加者の知人の方は30,000円位かかったという話を聞いていたそうですから
その違いにずいぶん驚かれていました。
まあ、古い家らしいので、比較するのもちょっとずるい気がしますね(笑)。

そんなこんなで予定時間を少し超えて体験会は終了。
最後に事務所でティータイム。

寒さ厳しいときの体感は出来ませんでしたが、
それでも地熱住宅の良さを多少なりとも感じていただけたようで良かったです。

「温度差が少ないというのはいろいろなメーカーでもある程度実現されているけど
北側と南側の差の少なさはなかなかびっくりしました」

「素直に地熱っていいな、と思いました」

「住んでいる人の話を聞けて良かった」

などなどいろんな感想を頂きました。
”天候が良くて意味のない見学会でした”
という感想でなくて本当に良かったです(笑)。

次回の地熱住宅は夏の体感見学会です。
まだまだ先ですが、興味のある方はお楽しみに~。