お施主様の声が聴ける「還る家」完成見学会の報告を致します。

早々と梅雨入りしました。
梅雨入りが原因で『今週末の桧の里ツアー』は
残念ながら雨でしたが、
スタッフからまるで私の存在が原因のように
言われてしまった西條英貴です。
心の中では土砂降りでしたが
朝、携帯に一通のメール。
とても温かなオーナー様のお言葉と
お子様の愛らしい写真。
すぐに心は梅雨明けです。

では、先週末、行われた完成見学会を報告致します。

「狭小地が叶えた2階の絶景と開放感と風の家(還る家)」



オーナー様、そして見学会に来てくださった皆様からも
一番好評だったのが、この家のタイトルにもなっている“コレ”。

自然素材を楽しみ、活かし、愛するのが“売り”ですが、
ここでは『季節の風』と『外部に広がる緑』の自然まで
思いのままにしてしまいました。
最初の写真にあるように、皆さんが北側の大きな窓前で
通行人も気にせずに黄昏れていました。

2階リビングを十分に愉しむ縦の広がりも
オーナー様同様に理解いただきました。

小屋裏収納からダイニングキッチンを見下ろす。
「お~い♪」

2階の階段室は上にも下にも階段が。

でも建具は1本。
冷房時は階下を遮断、暖房時は階上を遮断。
行き来の多いところなので建具の2枚開けを避けました。

賑わった初日の帰りはこんな時間。

昼間とは違う顔。
オーナー様が近所の知り合いから
「大きな窓のうち」と言われた窓が
やっぱり印象的。
このあとすぐに消灯。

最後にお気に入りの写真。

南から北まで続けて撮りました。

見学会にお越しいただいた10組のお客様、
ご協力いただいたお施主様、
本当にありがとうございました。