「棟梁のいる工事中の現場を見る構造見学会」の報告です。

10月11日(土)に名古屋市名東区にて見学会を行いました。

今回構造現場見学会に初参加!!
をした私、戸賀が開催当日の様子をお伝えします。

DSCN2060.JPG

参加スタッフは堀尾、猪飼、西條、戸賀です。

ご来場は4組の方々にご来場頂きました。

DSCN2068.JPG

今回は、構造現場見学会という事で棟梁と左官屋さんにも
ご参加頂いて活気ある見学会になりました。

なぜ棟梁が大工の道に進んだのか、大工をやって何を感じたかなど
普段スタッフもあらたまって聞かないような話しをしてくれました。
(実はすごく興味のある話しで勝手に感心しながら聞いてた戸賀です。笑)

DSCN2064.JPG

今回の見学会では、ご来場頂いた皆様に

左官職人の福田さんが漆喰について
わかりやすく かつ おもしろく 話しをしてくれました。

次はどんな話しかな?と思ううちに、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
もう少し話しを聞きたかったので少し残念でした。

こんな職人さんの声が直接聞けるのも
見学会だからこそ体験できる事かなと思いましたし、いい思い出になっていれば嬉しいですね。

1.jpg

今回ご来場頂いたお客様からのご質問も多く頂きました。

たとえば・・・漆喰は表面を触った時に手が白くなりませんか?
       (みんなで「いい質問です!!」なんて言いながら盛り上がってました。笑)

答え: 漆喰といっても実はさまざまで、強度が弱い材料は白くなるそうです。
    しかし福田さんはご自身で漆喰を調合する事により、より強度の強い材料をつくって
    いる為白くなりません。(実際触ってみると白くなりませんでした。)  

等々いい質問が出て皆さんの家造りに対する気持ちが伝わってきました!
こういったイベントを通して疑問を今後も少しづつ解決できるように
スタッフ一同努力していきたいと思いました。

DSCN2100.JPG

その他にもいい質問をして頂いたり、漆喰の塗り体験をして頂いたりと
まだまだ内容は沢山ありますがすごく長くなってしまいますので
この続きはイベントにご参加して頂いて実感して頂きたいと思います。

↓↓↓
次回の見学会は
11月22日(土)~24日(月)開催
 「狭小地に建つ、木と塗り壁と和紙の居住空間が豊かな家(還る家)」

  の完成見学会を行います。

この場を借りて、改めてご来場頂きましたお客様と
このイベントにご協力してくださったお施主様、職人さんにお礼を申し上げます。