「吹抜けあってもあたたかい猫と暮らすナチュラルな家」の完成見学会の報告です。

2月20~21日と名古屋市天白区にて見学会を開催しました。
「吹抜けあってもあたたかい猫と暮らすナチュラルな家」

参加スタッフは堀尾と仲田、田口と設計担当の私(西條)でした。

今回は何といっても予約数の多さ!久しぶりの満員御礼。
最後の1週間で沢山の申込をいただき、特別枠を設けた12組の予約をいただきました。
現場前をよく通るということで、当日お越しになったお客様も複数ありました。
大変嬉しい話しではありますが、失礼ながらお断りさせていただきました。
kaeruie20160221-8.gif
じっくりと見ていただくために、しっかりとお話ができるように、
弊社の時間も向きあってくださった方に集中してお返しするために、
お借りするお施主様に対して所在の分からぬ方を招かぬために、
予約制とさせていただいてるからです。
事情を説明し、お詫びをした上でお帰りいただきました。

さて、気を取り直して報告です。
吹抜あってもあたたかい!さぁ、来い!太陽・・・・・初日は雨男ぶりを発揮し、雨。

今回の性能高き家には稀につける床暖房があったので頼ってしまいました。
2日目は風が強かったものの快晴で、室内は田口の熱気も相まって過ごしやすかったと思われます。
朝から夕方までいましたが、1日中太陽が降り注ぎ、明るく過ごすことができました。
夏は夏で軒が日差しをカットします。
花粉や黄砂、PM2.5さえなければ、窓も開けて風が気持ちいいのも特徴です。
窓を閉めた室内も中霧島壁が空気を浄化します。
焼き肉も室内干しも問題ありません。
自然とうまく付き合いながら年中過ごしていく。
これが仲建設の求める家づくりです。

着手前の旧宅で打合せをしていた際に見せていただいた旅行の思い出”ステンドグラス”
何処に飾ろうと悩んでいたので、リビングへのアプローチに埋め込みました。

この場を借りて、改めてご来場頂きましたお客様と
このイベントにご協力してくださったお施主様にお礼を申し上げます。

追伸:
4月24日の見学会を企画中です。
どんな趣向でご案内しようかと社内で練っておりますので、お楽しみに~。