10月12日(土)~14日(月)開催
 「国産木材が奏でる癒しの家(還る家)」
  の完成見学会開催のお知らせ!!

今回、この見学会を企画した西條英貴です。
今年は例年と異なり、消費税の駆け込みと全般的に慌ただしい中で
お客様と現場スタッフとつくりこんだ印象深い邸宅です。

名付けて、
「国産木材が奏でる癒しの家(還る家)」です。


現場で最終のチェック作業に励むのは現場担当の田中です。
建築地は犬山市になります。

4社程のハウスメーカーと検討がすすむ中、
初めてお会いしたお施主様。

ハウスメーカーを廻りながら、木への興味が高まっていったそうです。

だから、最初にお会いした時はすでに
和風が好き。
木の香りが好き。
構造材(古材や丸太梁も)が見えるのが好き。

とおっしゃっていました。

打合せがすすむ中で興味は執着へと変わり、
馴染みの地・東濃、そして桧への憧れから、床材への採用と大黒柱との対面を望み、
会社の目指す国産木材の積極利用に賛同され、米松から東濃杉の梁への英断。
リビングに映える地松の丸太梁においても自ら選定するこだわり。


木と自然が大好きな人の、“木と自然の家”が こうしてできあがりました。


では少しだけご覧頂けたらと思います。
今回の見せ場は東濃桧240mm角の大黒柱のあるLDK。
もちろん、大黒柱ツアーにおいてお施主様みずから選ばれたものです。
家の中心にたっているのでいろんな角度から見ていただきたいと思います。


周回できる対面キッチンと
それを結ぶ軽快な家事動線が
家事の負担を軽くします。
空気を浄化する中霧島壁
風合いを合わせ持ち
木を引立ててくれます。
中庭を希望したお施主様に緑を
楽しめる地窓を用意しました。


西には和室に面したRの壁があります。
和を演出する腰に張られた竹。
これは飾り棚です。
建具によりいろんな楽しみ方をできるよう
仕掛けがあります。
現地にてご覧ください。


南を向くと大開口。
少し床が上がった和室には
腰掛けることもできます。
家の向かいは神社。
生い茂る緑から吹く風は心地良い。


吹抜から見た圧巻の地松の丸太梁
この吹抜を通して風と光を取り込みます。
2階の部屋へも同様に運びますが
冷暖房や夏の日射の対策は十分配慮しています。


外観は・・・
陶器瓦の屋根。
外壁はガルバリウム鋼板と
そとん壁のコラボ。
街並みに馴染む
アースカラーで仕上げました。

是非、そんな展示場とは違う
“お施主様の木への思いが込められた”家にご来場ください。
弊社はモデルハウスを持っておりません。
お客様に家の雰囲気を体感していただくのは、今回のような見学会となります。

開催日は

・10月12日(土)
 ①10:00~11:00 ご予約済みです。ありがとうございます。
 ②11:15~12:15 ご予約済みです。ありがとうございます。
 ③13:00~14:00 ご予約済みです。ありがとうございます。
 ④14:15~15:15
 ⑤15:30~16:30

・10月13日(日)
 ⑥10:00~11:00
 ⑦11:15~12:15
 ⑧13:00~14:00
 ⑨14:15~15:15
 ⑩15:30~16:30

・10月14日(月)
 ⑪10:00~11:00
 ⑫11:15~12:15
 ⑬13:00~14:00
 ⑭14:15~15:15 ご予約済みです。ありがとうございます。
 ⑮15:30~16:30

お客様のプライバシーがありますので
不特定多数の方に会場のご案内をしていません。
いつもと同じように予約制とさせていただきます。
各日、各時間帯1組 のご案内になります。

興味を持っていただいた方は、下記フォームから参加のお申し込みください。
メッセージ欄に“希望日、時間帯”の記入お願い致します。
追って、会場案内図・ご案内時間の確認等、連絡を致します。

電話で直接お問い合せいただいても構いません。
不明点などございましたら、担当西條までお気軽にお問い合せください。