2月27日(土)・2月28日(日) 「敷地を最大限に活用したナチュラルな家(還る家)」の完成見学会開催のお知らせ!!

2月は見学会が盛り沢山!
「還る家」設計担当の西條です。

第3弾は岡崎市で開催する「還る家」完成現場見学会、

「敷地を最大限に活用したナチュラルな家(還る家)」です。



シンプルかつナチュラルな家です。
決して日照の条件が良くない敷地に多くの思いを形にしました。
光を取り入れる工夫もしました。
間接照明や仕掛けの多いこの家は見るだけで楽しい。
床はホワイトオーク無垢材 自然塗料仕上げです。壁は中霧島壁です。

kaeru0227-01.jpg
今回2月にご案内する3現場には共通点があります。
昨年9月20日に開催した
「山で木を見て家を建てよう!」に参加下さり、
樹齢95年の東濃桧の大黒柱や通し柱を選び、
かつ家の全ての柱を同じ山から揃えました。
まさに兄弟というわけです。
写真:娘さんが選んでくれた柱


玄関の完成イメージです。
工事中写真につき、まだ正面には穴があいています。
ここに細工をしました。
家の顔としての重厚感をつくりつつ、
さりげなく演出、それでいて印象深く、
来客はもちろんのこと、
仕事で疲れた御主人さんが
帰宅するたびに微笑んでしまうような
そんな玄関ができました。



何気なく廊下を歩いていると、
こんなところにもこだわりが。
専門的なことですが、
建具の枠材には米栂材を使用しています。
ところが1箇所のみ(=)、
こだわりの材料“天然の木曽桧”が使ってあります。
これは見た目のこだわりではなく、
お客様との家づくりで真剣かつ楽しみながら
進めてきたお互いの思いが凝縮されている、
いわば“弊社との思い出”です。
また、ここにも(=)こんな仕掛けが。
是非、会場で覗いてください。



リビングの天井には穴が2箇所あります。
敷地周囲に隣地建物が迫り、影をつくり
唯一西だけ空を見ることができます。
この日射が限られた家族の過ごす空間を
明るくするために天井に穴を開けました。
トップライトです。ん?上は部屋じゃ・・・?
画像を“クリック”すると上部の部屋が。
猪飼が床塗装のデモンストレーションをしています。
床に穴らしきものが確認できます。
1階にもたらす明るさが楽しみです。



階段室。
この家の唯一の木天井。
木が好きだからこそ
限定した場所にだけ使用し
際立たせる手法。
(好みですが。こんな方法もあります。)
部屋でないため、冷暖房を気にせず
天井高を高くし、開放感を出しています。
お施主様、床塗装奮闘中。



子供部屋の中央にある1本の梁。
その使用方法は?
正解は“マウスのポインタ(↑)”を
画像の上に載せたり、離したりしてみましょう。
やっぱり家は楽しくなくっちゃ!



こちらはリビングのメインの家具・・・。
大工さんとの打合せに使ったメモを。
建具設置前ですがこんな感じに仕上がっています。

開催日は

2月27日(土)、2月28日(日)
①10:00~11:00 27日はご予約済です。残り28日のみ1組様です。
②11:15~12:15 27日はご予約済です。残り28日のみ1組様です。
③13:30~14:30 28日はご予約済です。残り27日のみ1組様です。
④14:45~15:45 両日ともご予約済です。
⑤16:00~17:00 27日はご予約済です。残り28日のみ1組様です。



お客様のプライバシーがありますので
不特定多数の方に会場のご案内をしていません。
各日、各時間帯1組 計10組のご案内になります。

興味を持っていただいた方は、下記フォームから参加のお申し込みください。
メッセージ欄に“希望時間帯”の記入お願い致します。
追って、会場案内図・ご案内時間の確認等、連絡を致します。

電話で直接お問い合せいただいても構いません。
不明点などございましたら、担当西條までお気軽にお問い合せください。

なお見学会に参加することで『しつこい営業』を心配されている方は下記をクリックしてください。

<仲建設の営業スタイルについて>