3月6日(土)・3月7日(日)「お施主様が仕上げる木が生きる家(還る家)」完成見学会のお知らせ!

今年は週一でジョギングしている仲田です。
メタボ愛好会会長の座を返上するために頑張っています!!

たわごとはさておき、3月の完成見学会についてご案内します。

今回の見学会は名古屋市北区です。仲建設から車で10分ほどなので、とても近いです。
こういう現場は監督がニコニコしています。

・・・と書くと遠い現場の方からクレームが来そうな予感。
遠いからといっていやいや仕事はしていませんから安心してくださいね~(汗)!!

さてさて、この家の特徴は「木の家らしさ」です。

20100306i1.jpg
外観は今時な感じの、スタイリッシュでシンプルモダンな感じなので「木の家」という感じではないのですが、内装はほんとに木の家、という雰囲気がよく出ています。

床は杉板、梁は見せるようにして、天井はJパネルという杉の厚板を下地兼用として見せる造りです。今時珍しい、踏み天井、という手法になっています。


種々の条件からコンパクトに造る必要がありました。
延べ床面積は28坪。

小さいと感じますか?
でも収納スペースを確保するために大きなロフトを設けているので普通の家よりも片付く家です。
さらに、天井の高さが高くなるのでイメージ以上にゆったりとした家になっていると思います。

20100306i2.jpg
他には建物の高さに無駄が出ないように、材料の高さに合わせる工夫や、2階はあまり仕切らずに、出来る限りオープンスペースとしました。

子供の成長に合わせて仕切る予定です。

コストダウンをしつつ、木の家の雰囲気や性能を落とさないための工夫をしていますのでコンパクトな家づくりに興味がある方には是非見て欲しい家です。


さてさて、さらに今回は、お施主様にも家づくりを頑張っていただきます。

実は壁の仕上げはお施主様に塗ってもらいます。それもかなり大部分。
仕上げに使うのはリボスのデュブロンという自然の塗料。
有害な物質を使っていないので安心です。
どんな仕上がりになっているのかはお楽しみに!

もちろん、床の塗装もお施主様が仕上げます。
結構疲れると思いますが、頑張ってもらいますよ~(笑)。

仕上げをお施主様に任せるひと味違う会社、仲建設(笑)。
どんな家になるのか、今からとても楽しみです。

と、ここで、一つ皆様にお詫びです。

今回の見学会は3月6日(土)7日(日)の朝9:00~11:00くらいまでのご案内です。
土日に二組様ずつまでのご案内というかなり不親切な開催となってしまうことをご了承下さい。

なぜこういう時間になるのかというと、当日はお施主様が床塗装をするからです。
2階から塗装しますのでしばらくは見学できるため、午前中の早い時間だけ見学可能、
というわけなのです。

早起きしてみていただくだけの価値がある家です。
先着順で申し訳ないのですが、興味のある方は下記のフォーム必要事項をご記載の上、
お早めにお申し込み下さいね。

なお見学会に参加することで『しつこい営業』を心配されている方は下記をクリックしてください。

<仲建設の営業スタイルについて>