大島さんの曾々おじいさんが明治39年に植えた桧を大黒柱にしてしまおう!ツアーのご案内

昨年開催した「水野さんのおおおじいさま(曾じいさまですね)が大正10年に植樹した桧を
大黒柱にして、その他の柱も同じ山から調達してしまおう!」
というかなりびっくりな企画。

おかげさまで大好評でした。
恵南森林組合の方々の全面的なご協力とおもてなしはとてもありがたく、楽しいイベントでした。

さすがに、こういうイベントは何回も開催できないよなぁ・・・と、思っていたら
なんと、3月14日(日)に、同じようなイベントを開催することとなりました!

さて、今回はどんな木なのか?

話は明治38年にさかのぼります。
時代はまだ混沌とし、日露戦争が終わりポーツマス条約が締結されました。

またアインシュタインの特殊相対性理論が発表されたのもこの年です。

そして翌年、明治39年。
大島さんの曾々おじいさまが桧を植えてくれたのです!!

・・・・・ちょっと、大げさというか関係ない前置きでしたかね?

201003hinoki.jpg
でも、教科書でしか見聞きしたことのない時代に、小さな小さな桧の苗木が、ゆっくりと、そしてものすごい生命力を蓄えながら、今ようやく、新たな役目を得る機会が来たことに、なんだかこう、なんとも言えない気持ちになるんです。

そんな桧の森に、かなりの大木が、約20本も残っているのです!!


う~ん、考えただけでよだれが・・・(桧好きにはたまらない状況を想像しています)。

まだこんな山が残っているのかぁ、と驚きつつ、今回の山を提供していただける大島さんには本当に感謝です。大黒柱が新しい人生を送るのにふさわしい家をつくって報いたいと思っています。

201003nabe.jpg
今回のイベントは前回と同じく、恵南森林組合の方にご協力をいただきます。

そして、またまた、きのこ汁をいただけるとのことで、ますますよだれが・・・。

もとい。


イベントの概要は以下のとおりです。

場所 岐阜県恵那市串原(集合は恵那市役所です)
日時 3月14日(日) 10:00~15:00頃まで
内容 ■木の家とご家族をお守りする21㎝~30㎝角になる大黒柱を選んでいただきます。
    ■昼食時には山の方々がキノコ汁をご用意してくれます。
    ■実際にその場で大黒柱を切り倒します!とにかく大迫力です!!
    ■伐倒後は岐阜県森林組合東濃支所にて貯木場の見学と意見交換会を行います。

201003kiritaosi.jpg
文字で伝えるにはとても難しいこのイベントの魅力は、陳腐な言い方になりますが、参加していただかないとその良さはやっぱりわかっていただけないのです。

最近、仲建設ではご契約の前に、木を選んでから打合せをされる方も多くなってきました。

ちょっと変わった感じがしますが、この頃は木を選んでから進める家づくりって、実は正しい流れなんじゃないかって、思えてきます(笑)。


木を生かす家づくりがしたい!
木を感じる家にしたい!

スタッフはそんな風に思っています。

あなたがそんな風に思っているのであれば、
木を選びに行く家づくりをするのもいいかもしれないな、なんて感じています。

ご興味のある方は以下の申し込みフォームに必要事項をご記入の上お申し込み下さい。
なお実際に選ばなくても体験のためにご参加いただいても大丈夫です。

ただ、直接現地に来ていただくことになりますのでその点はご了承下さいませ。

木が好きなあなたとの出会いを楽しみにしています。