4月11日(土)・12日(日) 緊急告知!地熱住宅の基礎断熱を見る見学会!

地熱住宅に興味のある皆さま、お待たせいたしました。
今月より地熱住宅が着工いたします。

今回、やっぱりマニアックな仲田がお届けする現場見学会は基礎の配筋工事です!
(う~ん、基礎の見学会って行っている会社あるのだろうか?)

通常の基礎と地熱住宅の基礎は何が違うのか?
答えはずばり建物の外周部分が断熱材で覆われるということ。

言葉で説明するとなんだ、それだけ?と思うかもしれませんが
どうしてわざわざ断熱材で覆うのか、断熱材はボロボロにならないのか、
その意味や技術を考えていくと基礎断熱って深いなあ、って思います。

まだ見どころはあります。

それは「コンクリートの一体打ち」で施工をするということ。
なんのことだか「?」ですよね。

通常住宅の基礎って2回に分けてコンクリートを流し込みます。
すると打ち継ぎの部分が少々弱くなります。
(とはいっても構造上問題になるわけではないのですけどね)

だからできれば一回でコンクリートを流し込んで基礎をつくることが望ましいのです。

0904kiso.jpg今回、基礎の一体打ちをする前の鉄筋や断熱材が見える状態を皆さんに見てもらおうと思い、少々急ではありますが基礎の現場見学会を開催します。

とはいえ、基礎の見学会なんて見ても面白くない、と思っている方は多いでしょう。確かに言いたいことはわかります。

配筋を見たところで、きれいなキッチンを見たり、気持ちいい木の板の感触を体感したりする完成見学会と比べれば心ときめきません・・・。


 写真は以前の基礎工事中の様子

でも、でもです!

基礎って大事なんです!どういうところが大切なのか、もちろんしっかりと解説しますし、
鉄筋がきれいに組み上がっている様子をみるとテンション上がりますよ!(変わり者?)

また今回の基礎見学会では基礎で大切なポイントを3つお伝えします。

その3つとは 
 かぶり厚さの確保
 田植え禁止!
 コンクリート強度
です。

なんのことかさっぱりわからない方もいるかもしれませんが、
テキトーな現場管理をしていると、上記の3つは守られません。
だからこれをおぼえればあなたも立派な現場監督になれるかも!?


開催日時  4月11日(土)12日(日) 10:00~15:00
場所     多治見市

いつものことながら、仲建設のイベントは予約制です。
このイベントに興味のある方は下記のフォームかに必要事項を記入して申し込みください。
その後、案内状をお送りします。


※このイベントの申し込み受付は終了いたしました。
ありがとうございました。