4月の大黒柱ツアー

3月ももう終わってしまいますね。桜も咲いて、すっかり春になりました。
花粉症のわたしは、こどもの外遊びに付き合うのがとてもゆううつなのですが…ようやく落ち着いてきたように感じます。そんな春先の仲建設のイベントといえば、大黒柱ツアーです。

スタッフブログでも紹介させていただいていますが、次の大黒柱ツアーの開催が決まったので、わたしも参加した時の大黒柱ツアーについて少しご紹介したいと思います。

大黒柱ツアーは、年3回開催している仲建設のイベントの中でも一番長く続いています。
こんなに長く続けているのには理由があると思います。わたし自身が参加してお客様に付き添っているときに感じるのは、木の家づくりが始まるということをお客様が強く感じてくださるからだと思います。

仲建設の家づくりは、木の家・自然素材の家…という特徴があり、それに賛同して下さるお客様が多くいらっしゃいます。木の家というのは、何十年もかけて育った木をたくさん使って建てるということになります。その中でも家のシンボルになる大黒柱が育つ山を歩いて、運命の木に出会うというのはなかなか貴重な体験なのです。

伐倒前にはお神酒で場を清め、礼を尽くします。ご家族そろって神事を行うことで、木の命を頂くことに身が引き締まる思いをされるように感じます。家づくりに対しても楽しみが増えて、上棟式で大黒柱との再会を喜んでくださいます。

わたしなりにイベントを通じて感じることをまとめてみましたが、言葉にしても伝えきれない思いがたくさんあります。4月に行う大黒柱ツアーのあとは、9月まで実施が出来ません。(木の特性などを踏まえると冬から春にかけての時期にしか行えないため)ご興味のある方はぜひ下記フォームよりお問い合わせくださいね!

開催日 4月 23日 土曜日  場所 恵那市近辺 東濃の山にて

 

    WEBでキーワード検索で知ったSNSで知ったシェアーズラグーナ蒲郡を見学した知人紹介などその他