思わず深呼吸したくなる木の香り、手足に触れる柔らかで優しい感覚や、見た目に感じる味わい深い雰囲気。
自然素材に包まれた住まいでは、そのような数値で示すことのできない、五感に伝わる気持ちのよさを感じることができます。

■東濃桧(ひのき)

寒暖の差が激しい痩せ地で育つ東濃桧。
成長に時間がかかる為、木目も細やかで強度も高いことが特徴です。
木目、色合いの美しさと触れたときの優しさ、強さを兼ね備える構造材です。

■無垢の床材

春夏秋冬や天候、環境よって変化する無垢の床板。
素材によって特徴は様々で、種類は桧、杉、ナラなどがあります。
素足で過ごす生活は心地よく快適です。

■塗り壁

火山灰を主成分とした中霧島壁は消臭効果・調湿効果も高く快適な室内環境をつくります。
その他にも塗り壁として、漆喰や珪藻土も利用しています。
照明をつけた際、光に照らされて美しい塗り模様が浮き上がります。

■そとん壁(外壁材)

防水性能と透湿性能があるという不思議な素材です。
無機質なために静電気が発生しないということが防汚効果につながっています。
左官職人のつくりだす塗り模様は美しく、心地よい仕上がりとなります。

■羊毛断熱材

隙間なく充填することができる羊毛断熱材。
調湿機能も高いので、内部結露も抑える機能を持ちます。
高温多湿な日本の気候に合った素材です。

■セルロースファイバー

屋根から受ける熱は、夏季に相当な高温となります。
隙間ない断熱工事を施工する為に、セルロースファイバーという古紙を原料にした断熱材を使用しています。
快適さは光熱費の削減に繋がります。