" /> 手作業:愛知県名古屋市の工務店-自然素材と国産材の木の家をつくる仲建設

名古屋市で自然素材と国産材の木の家をつくる工務店

仲建設のえびすさま!にっこり田口のニコニコ現場日記~!

手作業

先日、名古屋市中川区にて上棟作業行いました。
S様おめでとうございます。
加藤棟梁をはじめ、多くの職人の方々の技術を活かして無事棟上げまで完了しました。

暑さが最大の敵ですが、僅かながら風が吹いていたのが幸い。
職人の方々には本当に感謝の一言しかありません。
監督として感謝申し上げます。

では上棟の様子を写真を通して、見ていただきたいと思います。

DSC_0199.JPG
通し柱・管柱を一本ずつ据えていき、梁や桁などの横架材を架けていきます。
お客様が山へ行き、選んだ大黒柱も構造の一部として組み込まれていきます。

DSC_0201.JPG
大工の方々は驚くほど身軽に動きます。
そしてレッカーの職人は、上下・前後・左右へと材料を的確に移動します。
視界に入らない遠くて高い場所へ材料を移動する際は、大工の声を聞きレバーを下ろします。
全ては手作業です。

DSC_0206.JPG
作業する前は平面だった場所も、二階の床合板を敷く作業を通して室内空間へと変わります。
各部屋のおおよその配置が見えてきます。

IMG_0646.JPG
多くの職人の手によって、仲建設の家造りは進められていきます。
技術と経験を兼ね備えた職人の手は美しく、見ていて感動するほどです。
一つ一つ丁寧に組みあげていく家造りのあるべき姿が、上棟作業には詰まっています。

上棟作業が無事終わり、今後は造作工事へと進んでいきます。
電気工事、設備工事、仕上げ工事、外構工事と、多くの職人の手作業で家造りは進められています。
私は自分の手で何か作り出すことはできませんので、頭を活かし家造りの一部となります。


IMG_0694.JPG
大変ありがたいことに来週末、名古屋市緑区にて上棟を控えております。
現在基礎工事も完了し、設備・土台敷きの作業を週明けから行います。
お客様の心に残る一日になるよう、準備行います。

| 18年08月03日