ひのき 檜 桧 3

ゴールデンウィーク 皆様は如何に過ごされましたか?

5月5日の 子供の日に 子供を放っておいて
鈴鹿サーキットの8時間耐久レースに参加して
少しだけ体力に自信がついた堀尾です。
suzuka.jpg

耐久レースといっても自動車ではなく 自転車のレースです。
私は本コースを8週走りましたが 天気も良く 周辺の緑も美しく
とても気持ちよく走ることが出来ました。

この大会は10月にも開催され 誰でも参加できます。
カップルで 親子での参加者も多く なんと ママチャリで走られた方も見えましたよ。
最近冷め気味のカップルの方 子供に相手にされなくなったお父様 目立ちたがりの方
このレースに参加すれば 理想の自分に近づけるかもしれませんよ。

ほりおの部屋 再開です。
2週間ぶりのご無沙汰です。

ひのき 檜 桧 3 です。
今週は 檜の中の檜 木曽檜についてです。
善光寺の7年に一度の御柱際が今年行われましたが

伊勢神宮にも20年に一度 式年遷宮といって
お社が建て替えられる式典があります。
1300年続いているこの祭行

木曽檜が使われます。西暦690年代に始まった式年遷宮
既にこのときには世界最古の木造建築 法隆寺が存在しており
技術的には半永久的な社殿を造ることは不可能ではありませんでした。

新道では清く明るくうるわしい心を大切にし常に若々しく元気でありたいと願う
そして遷宮により日本の国が若くよみがえりみずみずしい精神を保ち続ける願いを込める
また 20年が技術の承継に適した期間である。という説もありますが

いずれにしても凄いことです。ここで使われる木曽檜の樹齢は200年超の大木です。
そして様々な条件をクリアーした木曽檜が使われますが
ここにきて 大径木の檜が非常に少なくなってきているそうです。

要因として
ヒノキは非常に適応範囲が狭い植物で特に土壌の条件が厳しいところに多く生育すること。

杉などに比べて生育が遅いこと

人間が歴史的にヒノキを使いすぎたこと
等があげられます。

ある本の記事に
森林のない文化は悲惨です。中国の黄河流域では万里の長城などの建設により
森林が破壊されました。森林がなくなってから長い年月が経って、土の家に住む
文化になっていき そして今でも砂漠化が驚くほどの勢いで進んでいます。
と記されていました。

森林を守っていくためにも この国の森林整備を強化する必要があると強く感じます。