ベランダの防水工事

仲建設 代表の堀尾です。

只今 弊社では マンションのベランダ部分の防水の再施工のお仕事を頂き
工事をさせていただいています。

築20年以上経過すると 特に防水部分の劣化が目に見えてきます。
そろそろ 再施工をしないと 危険だなと感じますが
お客様に如何に 工事の必要性を知っていただくかが重要と思います。

現在は雨の侵入はないけども 近い将来 雨漏する可能性が高い場合は
遠慮なく お客様にその可能性をお伝えします。

そして実は保全には二通りあり
ひとつは 事後保全と呼ばれるもの
ひとつは 事前保全と呼ばれるもの

いずれも最終的には工事が必要ですが

雨が漏ってしまった後に 修補する事後保全より
実際に漏る前に 修補する 事前保全のほうが

結果的には 金額も安く収まることを お伝えいたします。
雨漏れ以外の修補に お金がかかるからです。

私 (堀尾)からのメッセージとして
事前保全を 是非 提案します。