コウヤマキ伐採を見学してきました。 2

おはようございます。新入社員の佐々木です。
本日も ほりお の部屋 に突撃しています。

伐採の見学に森林組合に来た堀尾、田中、そして佐々木。
川邉さんに連れられて目にした物はコウヤマキの伐採でした、
切った木は建材ではなく鵜飼いの船に使われるようです。

・・・と言うのが前回のあらすじです。

しかし、何故コウヤマキか?

お杉だって 檜だって あすなろだって
みんなみんな生えているんだ 木材(予定)なんだ!

実はコウヤマキはとても水に強く、もともと風呂桶や船の材料によく使われている木なのです。
独特の香りもとても強く、風呂に使われているのはそのような一面もあるからなのでしょう。
最近では数も少なく希少価値があると言うことに加えて、この辺りのものは樹齢250年。

・・・そろそろ天寿を全うされる樹齢なのだとか。

更には、この辺りのコウヤマキは『枯れる』のではなく『腐る』状態にあるようです。

つまり、カラッカラに干からびるようになるのではなく、
成長が止まった芯に湿気が入り込んで内側から腐り出し、
その腐敗が進むとドーナツのように空洞ができて自重で倒れてしまい、
木材としての価値も無くなってしまうと言うことでした。

なるほど。だったら現役のままで伐採しないとなりませんね。
木材も人間も、現役で引退するのが一番輝かしいようです。

%E6%8B%AC%E3%82%8A%E4%BB%98%E3%81%91%E3%81%A6%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%AD.jpg

枝打ちを終え、ロープに巻かれたコウヤマキ。
チェーンソーの音が辺りに響き、外皮とは対照的な肌色の木くずを巻き上げながら
徐々にチェーンソーが木の中に食い込んでいきます。枝の折れる音と
葉が絡み千切れる音を鳴らしながら大木がメキメキと倒れました。

%E5%80%92%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F.jpg%E5%80%92%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F.jpg%E5%80%92%E3%82%8C%E3%81%9D%E3%81%86.jpg

 そんな場面を間近で見るからでしょう。一本一本大切にしたいという思いが湧きます。


『何となく木材を使って家を・・・』と思っているなら

一度、仲建設のイベントに参加してみたらいかがでしょうか

ぼんやりとした思いがハッキリするかもしれません。

%E9%A6%AC%E4%B9%97%E3%82%8A%E4%B8%BB%E4%BB%BB.jpg

ほりお の部屋を楽しみしている方には大変申し訳ありませんが、長く書きすぎたので次回につづきます。