お客様が選んだ大黒柱

昨日 いびがわマラソンに出場し
全身 筋肉痛の ほりおです。

いやいや 贅肉痛かも知れません。
50も越えて 自分を痛めつける私は
一体 何なんでしょうかね? へんなおっさん・・・・

それはさておき 先日 上棟式が行われました。
上棟式とは 棟が上がると書き いわゆる建物の構造の骨組みが
完了した際に行う 伝統の儀式 ならわしでございます。

その儀式の中でも 話題となったのが やはり大黒柱でした。
今の家造りには 大黒柱は 死語になっているようですが
仲建設では よく 使わせていただいております。

実はこの大黒柱は材木屋さんで仕入れするのではなく
お客様が東濃の山まで出向き 原木(立木)をその目で確認をして
自ら選んだ 柱なのです。

お客様が自ら選ばれた柱であるから 愛着も相当なものがあります。

私が選んだ大黒柱  運命の出合  100年間のエネルギーが詰まった檜
形容はいろいろありますが この柱が我が家を支え続けると思うと
私たち 工務店側も 身の引き締まる思いがいたします。

さて 今年最後の「我が家の大黒柱の出会う旅」は
12月2日に開催されます。
既に 2組のお客様の申込みを頂いております。

見学だけでも大丈夫です。
興味のある方は 是非 ご一報ください。