大黒梁 伐倒

本日は火曜日

1日遅れの ほりおの部屋 更新です。
というのも 月曜日 お客様と真・国産材の家プロジェクトメンバー4人で
中津川市加子母に 大黒梁を選ぶイベントに参加をしたからです。

朝7時に会社を出発 今回 山を提供していただいた (株)山共さんに9時に到着しましたが
辺り一面 雪景色。 寒さも厳しく 身の引き締まる思いになりました。
yamakyousan.jpg

今まで米松というアメリカ材の梁を使用していましたが 今回お客様に提案をして
国産無垢の杉材を使用することになりました。

そこで弊社おなじみのイベントである「大黒柱と巡り会う旅」と同様 スタッフが
「大黒梁を選ぶ旅」なるものを企画いたしました。
弊社のスタッフは 実は お祭り好きなメンバーばかりです。
izade.jpg

山共さんから 候補の杉の立木を数本紹介していただき
お客様は 一本を選ばれました。
東濃檜に比べて二回り程 大きな杉の立木はご夫婦が腕を回してやっと届くくらいの
巨大 杉でした。
futoi.jpg

推定樹齢120年の杉の前で お客様による伐倒前の神事の後
onoi.jpg

森林組合の源樹さんが 巨大杉をチェーンソーにて伐倒致しました。
地響きを立て倒れる瞬間 改めて杉の経の太さと長さを眼前にしたとき

大自然への畏敬の念と 我々の使命感について気持ちを新たに致しました。
大切に 大切にお客様の家を支える梁として使わせていただきます。
daikokuhari1.jpg

3月にも 真・国産材の家に使う お客様の大黒梁をまたこの地で選ばせていただく計画です。
白川村の山の中心で
「地元にはこんな素晴らしい木があるんだ  なぜもっと使わないのか」
と 叫びたくなったほりおでした。