無垢フローリングの暖かさ

いよいよ 今年最後の 堀尾の部屋更新日でございます。

今年を振り返ると 月に一度のイベント活動を継続して

多くのお客様に弊社の創る 木造住宅を見ていただき

共感をしていただきました。 このことはスタッフのやる気にも繋がり

会社の成長のきっかけにもなりました。 イベントにお越し頂いた

全てのお客様に感謝申し上げます。

そして 今 ラグーナ蒲郡において 弊社のモデルハウスを建築しております。

工事も順調に進み 大工さんは今 床板の取付を行っています。

IMG_0860.JPG

1階の床材は 無垢の桧フローリングです。 弊社が杉材と並んでよく使用する建材です。

桧の床材は香り高く 表面が非常に滑らかで 夏 裸足でも気持ちよく過ごせる 自然素材です。

梅雨時もべたつかず さらったした質感が お客様には喜ばれています。

冬もこのさらっと感は効果を表し 合板フローリング冬場 冷たく スリッパなしでは過ごせませんが

靴下のみで 心地よい 質感が味わえるのです。 床暖房も必要ないと感じます。

経年経過とともに 味わいを深めながら 上品に変化していく 桧材は まさに一生モノです。

このモデルハウスは 来年3月始めに完成を致します。

宿泊体験も出来ますので 是非 多くの方に見て頂きたいと思います。

次回は2階の床材について工事の進捗を含め 報告いたします。 来年もよろしくお願いいたします。