檜(東濃檜)の不思議

堀尾です。
弊社の家造りにおいて
構造材で欠かせない材料が
檜です。東濃檜と呼ばれる針葉樹です。

檜といえば 日本の国宝級の建物はほとんど
檜で造られています。
東大寺 そして五重の塔は1300年以上も前に
建造され今もほとんど変わらず現存しております。
まさに檜の強度の強さ 耐久性を証明しています。

特に東大寺の柱(丸太)は節が多く出ております。
それも南向きに集中しております。一番目立つ方角に
わざわざ節のある木を使わなくてもと普通は考えますが
これには大変深い意味があるのです。

節(枝)は日当たりの良い南向きに良く伸びます
100年200年と南向きに育った面は南向きの
風土に強くなります。ですのであえてその面を南に向け
1300年以上も保っているそうなのです。

同じ木で これを逆向きに使用すると 500年位しか保たない
そうです。まさに木を活かした建造物なのです。
節があった方が本当は耐久性に優れているとも言えます。

弊社の家造りはあえて 節のある柱 土台 梁 床材を使用しております。

この意味をどうぞご理解下さい。
そして 30年そこそこで老朽化し解体する家と
100年保つ家が地球環境にとって
どちらが良いことなのか?