安心には 手間と費用がかかります。

毎週月曜日は ほりおの部屋の更新日です。
昨日からの雪もまだ降り続いている 今日は
早速 事務所の階段で すってんころりん
右手が痛い ほりおです。 雪の日は 要注意です。

 

さて 弊社のお客様の殆どが 自然素材を活用した
還る家で 家を建てられます。
自然素材住宅と言っても 現在では殆どの工務店がPRをしていますね。

弊社は自然素材の中でも 無垢の材料にこだわっています。
無垢の材料とは 木そのものが 混り気のない一つの木であることです。
集成材とよばれる 木を貼り合わせて作った材料よりも 自然の木の材料に
こだわるようにしています。 価格も割高になります。

何故か? 工場などで作られた完成した材料は接着剤とか 塗装材に
不安がのこり 特に お客様に住環境において安心を提供する弊社と
しては 無垢の材料が最適だと考えるからです。
yamaannnai.jpg

弊社では お客様に 東濃の山まで 来ていただき 立ち木のまま
構造材の東濃檜を選んで頂くこともあります。 木の性質上 山で
木を倒す期間も決められております。 計画性をもって家創りをしないといけない。

また 無垢の床材はくせがありますので 大工さんが一枚一枚確認をしながら
適材適所で施工いたします。

弊社が使う 羊毛断熱材も 丁寧に隙間がないようにこれも大工さんが時間をかけ施工します。

火山灰で作られた霧島壁も 一般の ビニールクロス壁と比較して 費用 そして時間がかかります。

基本的には仕上げの塗装工事も自然素材で職人さんが塗られますので これも時間がかかります。

安心という ことにこだわると 手間と費用がどうしても掛かります。
それでも 安心を提供できるためには 手間と費用を惜しんではいけないと思います。