これぞ木の家 一手間を惜しまない

第5月曜日は 堀尾の部屋 更新日です。

週に一度 現場を確認しておりますが 先日 現場で 改めて

気づいた事がありました。

弊社では家造りにおいて 多くの国産材を使用しています。

国産材は 質感もおとなしく 色調も穏やかで そこに住む人に

安心感と 心地よさを与えてくれます。 

皆さんも木の家の中にいると ほっとしませんか?

写真は 現在施工中の工事現場 内部のものです。

木の家.JPG

構造材も含め 木で 溢れかえっています。 

写真では伝わりにくいですが この空間に身をおくと

奇妙な安心感が有ります。 

弊社では 壁材に必ず 横胴縁と呼ばれる木の下地を入れます。

最近では横胴縁を入れることなく直接柱に壁材を取り付ける工法は主流に

なっておりますが 長期的な耐久性を考えて 弊社では下地材を取り付けております。

その分 使う木の量が多くなり 写真の様な具合になるわけです。

一手間を惜しまない ことも 大切だと 思います。