税金のお話  贈与税

堀尾です。
今回は住宅にかかわる税金のお話です。

個人から現金や不動産といった財産の贈与を
受けた場合にかかるのが贈与税です。

時に時価より著しく低い価格で財産を買った場合
金銭の支払いがないのに不動産の名義を変更した場合
税法上 贈与があったものとして贈与税がかかります。
夫婦間でも 条件は同じです。注意しましょうね。

しかし 例外があります。

婚姻期間が20年以上の配偶者(一般的に旦那様)から
住宅をプレゼントされた場合 もらっちゃった年の翌年の
3月15日までに居住しその後も引き続き住み続ける
場合に限り配偶者控除といってなんと 2000万円まで
贈与税がかからないのです。 なんと素晴らしい!

世の旦那様方 内助の功は マイホームでお返しなのです。
私はもうすぐ結婚20年になりますが このことを妻に話したら
気のせいか、彼女の目が輝いていました。

世の奥様方、最後に 頼れるのは 自分です。
20年経ったら ご検討されては如何ですか?
夫婦仲良くが前提ですよ