税金のお話  固定資産税

堀尾です。

今回は固定資産税のお話です。

誰もが一度は聞いたことのあるこの税金。
土地や家屋を持っていると、もれなくかかってくる税金。
しかも毎年、かかってくるんですね。 
あー たまらん!

毎年1月1日現在、市町村においてある固定資産課税台帳
に記載される土地、家屋の所有者にかかります。

しかし、しかし、この税金にも住宅用地の軽減処置という
特例があるのですよ。

知ってました?

住宅の敷地の用に供されている土地(空き地や駐車場地はだめですよ)
には諸条件がありますが、一般的に200m2以下の土地の部分は
固定資産税は通常の6分の1に軽減
されます。

200m2を越える分は通常の3分の1に軽減されます。

素晴らしい!

そして今度は建物のほうはといいますと
あるんですね、新築住宅の減額制度なるものが。

平成22年3月31日迄に新築された住宅については一定条件を満たせば
木造住宅においては3年間、固定資産税が2分の1に減額される
のです。

これまた素晴らしい!

住宅用地を既にお持ちの方、これから家造りをご計画しようとしている方、

じっくり進むか、速く建築した方がいいか
しっかりと、悩んでください。

新築住宅の減額制度は今のところ、3年目以降は通常課税に戻りますので
その時通知を見てびっくりしないでくださいね。