税金のお話  登録免許税

堀尾です。

今回の税金のお話は「登録免許税」について。

聞き慣れない言葉ですね。簡単に説明します。
 
土地や住宅を取得すると、これは私の土地です、私の建物です、
と主張するために「登記」という手続をしなければなりません。

一般的には登記は司法書士さんにお願いすることが多いのですが
この登記費用の中には税金が含まれているんですね。

これが登録免許税のこと。

あー ため息。。。

登録免許税の計算方法は

不動産の価格(固定資産税評価額)×税率=税額になります。

税率は所有権の保存登記で0.4%です。
同じく所有権の移転登記で2%です。(建物)
 
建物の評価が1400万円の場合、

1400万×2%=28万円

ウォー 高っけー!
こんなに取られるの?

しかし、しかし、一定の要件を供えた住宅の家屋については
税率が軽減されます。(詳しい事は弊社webの税金の本で資料請求してね)

なんと前項の2%が0.3%に軽減されるのです。

同じ条件で1400万×0.3%=4万2千円でなんと
23万8千円もお安くなっちゃいました。

皆様、忘れずにどうぞご活用下さいね。