地元材の活用

堀尾です。
毎週月曜日は ほりおの部屋の更新日です。

先週 久しぶりの分譲住宅の上棟が行われました。
ここでも ふんだんに構造材に東濃檜の4寸角が使われました。

分譲住宅は通常いかにコストを抑え見栄えを良くし
いかに高く売るかが通常の考えで作り、手側の立場での家創りになります。
しかし弊社のこの住宅は お客様の立場になって考えた家創りです。
分譲住宅では ありえない 構造になりました。

084.jpg

やっぱり 桧はいいなーと改めて実感しました。

最近 自然の材料を使った小物つくりにはまっています。
月に一度 中津川の教室に通って いろんな小物つくりを学んでいます。

077.jpg
 
地物でとれた 木の実や枝 花等で作るこの考え方は弊社の家創りに共通します。
何よりも 出来上がった小物の 手で触った 質感が優しく そして暖かいのです。
世界に一つしかない 小物  手作りの素晴らしさが実感できます。

076.jpg
写真は バードコールと呼ばれるもの。
上部の金具を回すと 野鳥の鳴き声にそっくりな音が出ます。

公園や森の中で 鳴らすと 鳥が近くに寄ってくるそうです。

私の夢は 弊社の打ち合わせ室に来ていただいたお客様に
お子様がお見えになれば 一緒に このバードコールを作って
差し上げることです。少しでも 手作りの良さを分かってもらいたいと思います。

074.jpg
 
上の写真は 最近習った クリスマスリース すべて地元材で 作りました。