仲建設の構造材

今年も 毎週 月曜日は ほりおの部屋の更新日です。

年の初めの一月ですので 初心(基本)を忘れないために
今回は 弊社家創りの基本となる 構造材について 報告させて頂きたいと思います。

家創りの基本となるものが
基礎部分と その上に立つ木組みの構造になります。

木組みの構造に関して 弊社の最大の特徴は
集成材を使用しないということです。

では 何を使うのか?

この地方で育った 無垢の桧 そして 杉を構造材の
土台 柱 そして 梁材等に 使用いたします。

弊社が 地元材にこだわるには訳があります。
詳しくは WEBサイトを見てくださいね。

多くの構造材は 工事が進みにしたがい
仕上げ材により 見えなくなってしまうのが
今時の 家づくりの主流になっています。

デザインとして 必然性のない構造材を見せる
会社もありますが

弊社は可能な限り 構造材を完成後も確認できる
家創りを行っています。もちろん 必然性のある構造材です。
nakanokouzou.jpg

実は
家の荷を背負っている構造材は そこからエネルギーを感じ取れるのです。
樹齢70年の桧 杉が貯め込んだ自然のエネルギーがそこに住む人を元気にしてくれます。
 

週に一度 新築の各現場を私は確認しますが
いつも 自然無垢材のエネルギーをもらって
元気になれます。

これ 

嘘のような でも 本当の話です。

弊社の構造見学会に参加された多くのお客様は
「空気が違う」と 話され
自邸の家創りで 構造材をあえて表しにします。

お客様もエネルギーを実感されていると思います。

是非 弊社の 構造見学会に参加され その
真意をお客様自身で 御確認くださいませ。