建物を大切にする。

毎週月曜日は ほりおの部屋 の更新日です。
良い家は 良い山がつくる の本の感想文
続々と頂いております。 有り難うございます。

本の中で 価値の下がらない家 という言葉が出てきます。
新築当時が一番美しく 後は経年経過と共に古び続けていく
工業製品で造られた家と 本物の材料で作られた 心地良く
古びていく家の 違いについて 書かれています。

kansei5.jpg

仲建設株式会社の家造りに対しての私たちの想いは

お客様に大切にしていただく家を造ることです。
丁寧に大切に生活された家は 何時までも美しく
お客様の心が家の中に入ります。 

10年 20年経過したお客様の家を訪問させていただく度に
その家のお客様の心と 心地良く古びていく家を実感いたします。
やはり 人の住む家は 工業製品で造るのではなく 本物の素材で
造るべきだと 改めて思います。

お客様に家を大切にしていただく  その為に弊社がお手伝い出来ること
それが 我が家の大黒柱と出会う旅 であり 檜の原点を訪ねる旅 等の
弊社のイベントなのです。

そして工事中にも積極的にお客様に家造りに参加をしていただいております。

机上での打合せだけで終了する家造りと お客様の思い出が一杯詰まった
家造り と どちらが お客様にとっては 良いのでしょうか?

これからも弊社は お客様にとって 思い出が一杯詰まった家造りを行ってまいります。
是非 弊社イベントに参加をしてください。 わくわくどきどきする イベントですよ。