大相撲 名古屋場所 始まりました。

毎週 月曜日は ほりおの部屋 の更新日です。

昨日 現場を 自転車にて巡回して 
クタクタ状態でございます。走行距離は約24Km程でした。
少しでもCO2対策になったと自己満足をしております。

帰りの道中 名城公園の内堀の坂を下っていたとき
太鼓の音が高らかに聞こえてまいりました。
本日は名古屋場所の初日 取り組みが終了したことを
告げる太鼓でしょうか? 軽やかに響いておりました。

taiko.jpg

写真は太鼓の櫓(かなり高所です) そして愛知県体育館

暫くすると 観客と見られる方が続々と
名城公園から 出てまいりました。

私の観念でしょうか?相撲を見られる方は年配の方が多い
というイメージでしたが 20代 30代と見られる若い方も
結構 多く見られました。 若いアベック姿の方々もお見えでしたよ。

太鼓の音を聞きながら 心地良い気持ちになりました。
このリズムも日本の文化なのです。最近 住宅も欧米化をイメージ
する住宅が脚光を浴び日本の古来の住宅は廃れつつあるように感じます。

建築する側の立場で 気候風土に合った日本の家造りの良いところを
もっと積極的に伝えていかなければならないと思います。
日本の住宅はデザインの為にデザインされた住宅ではなく
必然性からくるデザインの美しさを追求します。

美の追究では 大相撲の力士の美 そして 太鼓のリズムの美
と重なるものがあると感じます。

日本人がもっと自国の伝統文化 伝統工法を自慢できるようになると
良いですね。文化の素晴らしさを理解する 若い人達に 期待します。