植林した苗木の近況報告

我が家の大黒柱を選ぶ旅 から1週間 が経過しました。

今回のほりおの部屋の報告は
昨年 皆さんと植林した苗木のその後の報告です。

実は先週のイベントの下見の際
森林組合の味籐さんに無理を言って
昨年植林させていただいた山の調査に同行させていただきました。

昨年の5月に 皆さんと一緒に植えた桧の苗は約150本
半年前の9月に味藤さんから 現況写真が送られてきました。
桧の苗木は無事 育っていました。

あれから半年 桧の子供たちはどうなったか?
心配と期待が半々でした。

それでは御報告致します。
写真をご覧ください。

naegi.jpg

写真では確認することは難しいですが
苗木の先端部分のみ 鹿に食べられておりました。
私たちが植えた苗木のほとんどが食べられておりました。

ショックですがこれが現実でした。
冬に入る前 山の鹿達が食糧を求めて降りてきます。
苗木の柔らかい新芽は 鹿達にとって貴重な食料源だそうです。

前回の植林の際 鹿対策として 鹿の嫌いな天然クリームを苗木に
擦りこんで臨みましたが やはり 鹿の食欲のほうが強かったのでしょう。

今回もまた 駄目だった。 

鹿にしてみれば 自らが生き延びるために行ったごく当然の自然行為です。
反省しなければならないのは 鹿や猪 そして熊達の食料源の環境を
変えてしまった 我々 人間達の方ではないでしょうか?

今年もまもなく 植林ツアーの季節がやってきます。
4度目の挑戦です。 私たちはあきらめません。