バードコール作成

毎週月曜日はおなじみの ほりおの部屋の更新日です。

今週は ひのき 檜 桧 はお休みして
先日 弊社 打ち合わせ室にて お客様のお子様と一緒に
バードコールを作成しましたのでその報告をいたします。

大好評でした。

tori1.jpg

そもそも 私がこのバードコールに出会ったのは1年8カ月前
中津川の師匠に出会い 師匠から作り方を教わりました。
これが私の最初の作品です。
horiosaku.jpg

以来このバードコールの鳥の鳴き声に魅了され
いつかは0から作ってみたいと考えるようになりました。
そしてまずは材料の調達からです。使う材料はリョーブという木です。
師匠曰く この木でないと よい鳥の鳴き声は出ないとのこと。

何度も中津川の森に行き やっと見つけたのが1年後
切り倒して名古屋に持ち帰り 自然乾燥させること6ケ月
そしてそれなりの寸法にカットしたのがつい先日になります。

今回打ち合わせのお客様のお子さんに見せて音を鳴らしたら
目を輝かせて 自分たちも作りたいとのこと
よっしゃー とその気になった 精神年齢二十歳のほりおでした。
tori2.jpg

早速 ボルトを通すための穴あけ作業です。
垂直に穴をあけるために卓上ポール盤という機械を使って穴をあけます。
ポイントは ボルトの径より 0.5mm小さい穴をあけること。
tori3.jpg

後でボルトをねじ込み ねじめを造るのです。
このねじめとの摩擦により 鳥そっくりな音が発生するのです。
非常に微妙な作業になります。

そしてこれからがオリジナル作品になります。
自分で描いた絵を ルーターを使ってなぞって 刻みを入れ
絵を書き込むのです。 彼が書いたのは ピカチュー でした。
tori4.jpg

素晴らしい  とお父様から絶賛の声
負けじと 弟さんも 造りました(ほりおが手伝いました)
tori5.jpg

さあ どんな音が出るのかな?
tori6.jpg