還る家 への 想い

堀尾です。
「人と家が健康であること 耐久性と快適性を持つ家であること」
が弊社 オリジナル住宅の 還る家のコンセプトです。

還る家が 誕生して 4年経過しましたが 基本スタンスは変わっておりません。
時代の変化が激しく住宅の材料も 次から次へ高規格 高デザインの商品が発売され
はやり廃りのサイクルもめまぐるしい時代になりました。
でも 変わらないものもあります。
人の心はいつの時代でも 変わらない と私は思います。
親を大切にする心 家族をいたわる心 友達に優しくする心  等です。
家を創るとき お客様の 大切な心を そのまま大事に引き継げる器でありたいと願います。
子供が学校で悪いことをして怒られても テストでひどい点を取ってきても
又 片思いで失恋しても 大人が 会社でお客様にしかられ 上司になじられても
家族が暖かい心で受け入れてくれる。 家というところは責め合う場所ではなく
理屈をこえて許してもらえるところ。
だから はじめて人間は安心して家に帰っていくことができる。
還る家には 私にとって そんな家にたいする 想いが込められています。