弊社国産材への取組

毎週月曜日は ほりおの部屋の更新日でございます。

先日 事務所近くで 弊社還る家の上棟式が行われました。

昨年秋に ウェブサイトから資料請求を頂き 以後

弊社の見学会に参加いただき 今年 5月に土地も確定して

晴れて ご契約を頂きました お客様の上棟式でした。

私は何時も 上棟後の構造建築を見ると 嬉しくなります。

それは 木組の木の量に圧倒されるからです。

そして すべての柱 梁から 荷を背負っているというエネルギーを感じるのです。

弊社の構造部の基本は 国産材使用になります。

大断面の梁を除いて 国産材を使用することを心がけています。

土台 柱は 4寸角(120mm角)の東濃檜 そして大黒柱はもちろん100年物の東濃檜

筋交い 小屋組も 東濃檜  間柱 窓台は 長良杉を使用しておりますので

骨組みの状態で 既に 木の香りに包まれる 現場になるのです。

あー 我が社のもっとも自慢できる 瞬間です。   木の香り漂う現場に 理屈や

説明は 必要ありません。

国産材に包まれた癒しの空間を 皆さんにも 味わっていただきたいと強く思います。