今では希少価値の大黒柱

毎週 月曜日は ほりおの部屋 更新日です。

2016年度最初の報告は 大黒柱です。

最近の家造りでは すっかり無くなってしまった 大黒柱

そして大黒柱の言えば 一家の主をさす代名詞 そしてシンボルになりますが

一家の大黒柱になるのは ご主人でしょうか あるいは 奥様 お母さんでしょうか 今はそれぞれの様です。

今ではお目にかかれなくなってしまった木造住宅の大黒柱は その家のシンボルだけではなく

確実にその家を支える構造材になります。 大黒柱を適所で使用することにより 家の強度は高まるのです。

弊社では10年前から 岐阜県森林組合連合会様からご協力を頂いて 年に3回 

我が家の大黒柱と巡り会う旅 というイベントを開催しております。

IMGA0416.JPG

お客様と一緒に 東濃の山に行き 立木のまま お客様自身で自邸の大黒柱になる桧を選んでいただきます。

お客様にとっては 忘れることが出来ない 一生の思い出になり お引き渡し後の定期点検の際にも

多くのお客様が当時を振り返って楽しく大黒柱の思いでを話されます。

そして思いが詰まっている分 家を大切にされるお客様が多いように感じます。

家の本当の良さを味わうには 新築当時だけではなく 10年 20年と経過した後です。 良い家は 価値を深めていきます。

お客様の大黒柱を確認して 最近 そう思うようになりました。

IMGA0414.JPG