地球民家 モデルハウス

30年程前は殆どの家は木造、そして国産材で造られていました。
時代は変わり最近では木の家の他に鉄骨の家、鉄筋の家、
それらを複合した家、が建てられる様になりました。

それでも多くの方が木の家に住みたいと思っているそうです。

私は日本人の心の中には、古くから培われた木に対する
安らぎ、あこがれ、安心、等のDNAがあるのだと思います。

地球民家は木の家の中でも日本の風土に最も適した軸組工法で造られます。
その中でも真壁工法という、構造体である柱、そして梁を、壁・天井の中に隠さず、
それらをむき出しで見せる造り方をしております。

それ故、柱が太ければ、それだけ見た目に安心感があり、
梁も見えていれば家を支えているのだという、実感もわいてきます。

実際に構造が見えているから、傷やくさりも確認でき、対応も素早くできるのです。
建物の状況をいつも確認できる、優れた建て方です。

そして何よりも、梁、柱、床、が木で囲まれた空間に身を置いたときの
空気の優しさ、香りは言葉では表現できません。

一日のストレスを家に帰る事で和らげることができる、すばらしい住宅なのです。
圧倒的な存在感。そして他にはない、ゆとりと安心を感じさせる地球民家

是非、中津川のモデルハウスをご見学ください。