檜のまな板

毎週月曜日は ほりおの部屋の更新日です。
本日は 檜のまな板について です。

弊社では不定期に 記念品として 檜のまな板をお客様に お渡ししています。
manaita.jpg

正真正銘 東濃檜の無垢材で出来たまな板ですが
実は 端材で造られたまな板です。
余り材でこの様な立派な まな板が作成できるのです。
ちょっと 凄いでしょ

さて 檜のまな板より一回り二回り大きいのが檜のカウンターです。
檜のカウンターといえば お寿司屋さんを思い浮かべます。

ここだけの話ですが 一流のお寿司屋さんは 毎日 カウンターに
日本酒をかけて 手入れをするそうです。
表面をウレタン塗装で仕上げると光沢も出て 手入れも簡単になりますが
あえて それをせず 毎日 カウンターにお酒を飲ませるとの事
何故でしょう?

檜の肌触りや風合い そして何よりも檜の香りを大切にしたいからだそうです。
又 お酒を含んだ檜は 醤油をこぼしても染みにくくなるそうです。

弊社で使用する 東濃檜のフローリング材は さすがにお酒では仕上げませんが
蜜蝋ワックスという自然素材で 仕上げます。
ウレタン塗装で化粧をするのではなく 弊社でも同じように
檜の風合い 香りを実感していただくためです。