復興資材

毎週月曜日は 「ほりおの部屋」の更新日です。
先月 会社のプロジェクト企画のため東濃の森に行ってきました。

岐阜森林組合の参事の方に 地元の杉の山を案内していただきました。
 

この地域は 東濃桧というブランド材があるために
杉材はそれほどメジャーな材料ではありません。

しかし 今 この地域の杉が積極的に伐倒されて
加工場に運ばれています。 何故か?
杉材を加工して べニアを地元で造り
東北地方の被災地の復興 仮設ハウスに使用する材料にするのです。
kannbann.jpg

私個人としては べニアと言えば 外国材が多く使われていますが
このべニアは 全て 国産材で造られております。
今まであまり活用されなかった杉材が切り取られ
baltutou.jpg

材料が復興支援の為に使われ 今まで手付かずだった森も
間伐され整備される。

sugi1.jpg

値段もお値打ちで出荷できるとのこと
やればできるじゃないですか?
国産材を積極的に使うことが 日本の森の為にもなります。

sugibenia.jpg