モノよりコト

毎週月曜日は
堀尾の部屋の更新日です。

7月に入ったばかりですが 名古屋は猛暑が続きます。
皆様におかれましては 節電も大切ですが 無理をして
お体の調子を崩さないように お過ごしくださいませ。

弊社では 今のところ 空調は28度設定で 少々
蒸し暑さも残りますが 何とか がんばっております。

先日 弊社取引の銀行の担当者さんから
とある会社のK社長さんを紹介いただきました。

建築インテリアの製造販売をされていて
業績も順調とのことですが
未来を見据えると モノだけを売ることに ?を抱き
人と人とのつながりを大切にできる事業形態を模索されているとのこと

そんな中で 銀行の担当者さんは 私の事を思い出し そのK社長と面会の
機会を与えてくれました。

自己紹介を終えると 不思議なことですが 普段 私はまず相手の方のお話を
聞くことから始めるのですが、 K社長のお顔を拝見した瞬間 私の家創りの想い
考え方 姿勢ばかり べらべらと話し続けてしましました。
おそらく 私の潜在意識のなかでこの人なら解っていただけると 感じたのでしょう。

K社長は私の言葉に 何度も頷かれ 賛同の返事を下さいました。
もの静かなK社長はそれから自分の考えを話されました。
モノの価値ばかり追求することの限界と 人と人との関わり合いこそが
これからこの国が一番必要とすることになるとの考え方

そして家創り 街づくりも 個人だけの価値観の追求ではなく
コミュニティを重視した ものにするべきだとの強い想いをお話しいただきました。

私の夢の一つに 建てた後 お客様の家族が幸せになれる家創りが出来る会社になること
というものがあります。 それは 家の大小に関係なく 豪華さにも関係がないように思います。
大切なことは 帰ることで心の充足感が得られる家であること。 家という器の中で
人と人との関係が 良好であり そして時には 葛藤 静かな対立も必要だと思います。

新しいモノ 便利なモノ も大切です。プラス 話し合うコト 認めあうコト も家のなかで
習慣化されれば 夢に一歩近づけるのではないかと感じた堀尾でした。

K社長とは 今後も是非 お付き合いをしたいと 強く感じました。