夏の地熱住宅体験見学会の報告です。

毎週月曜日は ほりおの部屋の更新日です。
昨日 弊社イベントの地熱住宅体験バス見学会が開催されました。

今回 私 ほりおが イベントレポートを致します。
ほりおの部屋も含めて ブログアップ致します。

バス見学会は午後からの開催でしたので 午前中に
久しぶりに 家で 以前に 録画しておいた映画を1本鑑賞いたしました。

映画のタイトルは ズバリ  「ホーム」 空から見た地球という
3年前のフランスのドキュメンタリー映画でした。

人類がこの世に誕生してから地球環境の変化を 地上からではなく空から撮影した映画で
エネルギーの搾取にまみれ 地球温暖化を招いた 結果 の状況を淡々とナレーションに
て説明した映画ですが  強烈なインパクトを受けました。
皆さんも 一度 観られることをお勧めいたします。 世界観が変わるかもしれません。

その中で 特に印象的であったことは
シベリアの永久凍土が溶けだしたら メタンガスにより大変なことになるということ
そして 太陽が地球に一時間に与えるエネルギーは人類が消費する1年分のエネルギーに
匹敵するということ

凄いですね。 太陽のエネルギーは

さてさて わが社の提案する地熱活用住宅も また 太陽エネルギーなのです。
太陽が約半年前に地球を暖めた熱源を利用するということになります。
この熱源はもちろん費用はかかりません。

それでは早速 昨日の地熱住宅体験バス見学会のレポートです。
今回 見学させていただくお宅は約1年前にお引き渡しをしたS様邸です。
1年過ごされて 地熱住宅の感想も楽しみです。

今回参加のお客様は 総勢で24名で大盛況でした。
まずは 会社に集合していただいて バスに乗り込みいざ出発です。
100_6743.jpg

バスの中では ほりおの長ーいスピーチと スタッフの自己紹介
そして 参加いただいたお客様からの一言を頂き
和やかなムードで S様邸に向かいます。
バスから降り 現場に着くと外気温度は32度程度で蒸し暑く感じられました。
地熱住宅担当の仲田が外気の空気の取り入れの方法を説明して
いざ 家の中に
100_6744.jpg

家の中に入った瞬間 程よい室温になっていることに皆さん気づかれました。
温度にして1階は 28度程度でした。
DSC04758.jpg

一通り地熱住宅の説明をして 今度は2階に上がります。
2階の温度は1階に比べて1度ほど高く29度程度
軽作業をすると 汗をかく程度の室内温度でした。

最後に1階に戻り 参加された皆様からS様の奥様に質問が集まりました。
100_6747.jpg

電気代はいか程でしたか?
地熱住宅にして良かったことと 悪かったことを教えてください。
窓はいつも締め切り状態なのですか?

等等の質問に奥様は丁寧に答えていただきました。
そして予定時間になり 見学会は終了し 再びバスに乗り
弊社に戻ってまいりました。

事務所に戻り ティータイムで和やかなムードで感想を聞かせていただきましたが
皆さん 予想以上に興味を持たれ 弊社のスタッフと話しこまれていました。
予定時間をオーバーして解散になりました。

最後に ほりおの感想ですが
地熱住宅は 性質上 劇的に快適な空調をする住宅ではありません。
夏の室内温度28度程度をどう感じるかは 個人差があります。
45坪の住宅をエアコン1台の除湿運転で地熱を活用して空調する。

過冷房 過暖房に慣れてしまった方には物足りないかもしれませんが
身体への負荷を考えると 夏の28度 冬の20度は良い温度帯であると思います。
如何でしょうか?

最後に映画の締めくくりは どうなったかと言うと
フランスの映画だから 温暖化問題の解消には 原子力です。と来るかと思いきや
そうは締めくくりませんでした。

再生可能な自然エネルギーの活用
人類の叡智をあつめること
そして もう一度 地球の素晴らしい環境に感謝することの大切さを訴えました。